人間関係

考え方は無限大 (対人編)

やっとお正月ボケから復帰したポコです。
お正月は実家に帰省して居たので、ついつい親の世話になってしまいました。
1人暮らししていると、実家って本当にありがたいですよね。

 

アンティーク職人の為のファン顧客クリエイターのポコです。

 

 

人の意見…..否定してませんか?

部下の挑戦したいと言う事、妨げていませんか?

やってもいないのに、無理だと突っぱねてませんか?

 

本日のテーマ

考え方は無限大 (対人編)

 

友人、知人、他人、家族、部下、仕事仲間から学ぶことは非常に多いです。
(人から学ぶ事は何もないと言う方は、外にもっと視野を広げましょう。)

私もやってしまう事がありますが、相手の考えを否定した経験ありませんでしょうか?

否定をしたら話は進まなくなってしまったり、最悪ぶつかってしまいます。

言い合って腹の中を出すのは大切ですが、否定から入る言い合いは、どちらかが引くか、折れて終わる事が多いかと思います。

そんな時、この人はこう言う考え方なんだな….
どうして、そう考えたんだろう?
など、否定ではなく、もっと聞いてみる事をされてますでしょうか?

自分が知らない、知っている、興味がある、興味がない。
その点も判断基準で必要ですが、まずは、相手の考え方を理解する。

その一手間が非常に大切です

1度、相手の言い分、思いを飲み込んでますでしょうか?

いきなり否定から入ると勿体無くないですか?

相手がコミ症だから、説明が下手だから….

相手のせいにして、ご自身は聞く姿勢、受け入れる準備出来てますでしょうか?

人が1番楽なのが、否定です。

楽してませんか?

ちょっと重くなってしまいましたね。

これだけ考え、感じて、相手との時間を作ってますでしょうか?

本質的なことを言うと、されて嫌なことはしないです。

前置きが大変長くなってしまいました。

 

 同じ目線になって会話しよう

人は同じ環境、同じ親からでも、性格の違う人が出来て来ます。

家族でも十人十色、他人なんて尚更です。

考え方が違う、視点が違う、当然です。

それを、ネガティブに取るか、ポジティブに取るかであなたの可能性は大きく変わって来ます。

私自身、昔はかなり尖っていました、よく母親からもっと柔軟になりなさいと言われ、当時はあまり理解できなかったくらい尖ってました。(笑)
(黒歴史の1つですね。)

ところがドッコイ、最近はかなり角が取れた感じです。
(多分…..そう信じてます。)

私の場合は、失敗から学ぶ事が非常に多く、大分遠回りしてしまいました。
素直は成長の起爆剤です。

素直にって結構難しいですし、場面によっては恥ずかしいですよね。

そんな役にも立たない羞恥心やプライドはポイっと捨ててしまいましょう。

それが出来て、初めて同じ目線で話す、聞く準備が出来ます。

それでは、同じ目線になるとは、どう言うことでしょうか。

あくまで、ポコの考えですが、他者、自分とを比較しない、相手の話をしっかり聞き回答する事です。

普通の事じゃんと思われるかもしれませんが、出来ていない方が多いです。

基本が大切ですが、基本が1番難しいです。

全く別の人生や時間軸で生きて来た人と話す時、説明や教える状況の時はしっかりと目線を合わせて話しましょう。

自分が知っている事は、相手も知っているとは限らない
自分の目線ではなく、相手の目線に合わしていきましょう!

その際、否定は極力してはいけません。
最悪相手の人生を否定します。

教える時に怒りっぽい人、他の人と比較して、個人をあまり見ずに教える人、良くありません。

しっかりその人と対話し、同じ目線で、伝わりやすい言葉で話し(教え)ましょう。

 

まとめ

人と話す時、相談聞く、教える時。

あなたの対応の仕方で相手のモチベーションや今後が変わって来てしまいます。

あなたが相談するならどんな人物が良いですか?

きっと、しっかり話を聞いてくれて、親身になってくれる方でしょう。

あなたはそれが出来ていますか?

上記の考え方を是非実践してみてください。

ですが、八方美人はダメです。

八方美人は表面上の付き合いでしかないので、深い仲には中々なれません。
(仲良くしたくない相手には良いですが…)
付き合う方はしっかり取捨選択しましょう。

されて嫌な事はしてはいけない。
肝に命じて下さいね^ ^

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アンティーク職人の為のファン顧客クリエイターポコでした。